diet-howto

 

『間違いだらけのダイエット方法とは!?』

 

せっかくダイエットするのであれば、痩せて引き締まった身体を手に入れて、さらに美しく、かっこよく、魅力的な外見を手に入れたいものですよね。ダイエットは正しい方法、自分に合った食品を使えば難しくありません。

 

もともとダイエットとは健康的な身体を目指すものです。しかしテレビや雑誌などで話題になるダイエットでも、間違ったものは多く、知らないうちに間違った痩せない方法で実践している人も多いのです。

 

今回はありがちなダイエットの間違い・嘘についてまとめます。せっかく実践するのであれば正しい知識で、有意義なダイエットを行ってくださいね。

 

 

そもそも『正しいダイエット方法』って!?

 

テレビ、雑誌、本、ネット、世の中にはあらゆるダイエット情報が溢れていますよね。どれが正しいのでしょうか?

 

そもそもダイエットの目的とは『痩せてかつ太りにくい体質』を作ることです。一時的に痩せたとしても、ダイエット時よりも太ってリバウンドしてしまう人も少なくありません。これは正しいダイエットではないのです。

 

そしてもっと言えば体型だけでなく、お肌もきれいになったりと、外見の魅力を上げてくれるのが正しいダイエット。つまり「痩せる・太りにくい体質を作る・美肌になる」という3つのポイントが大切なのです。

 

では、この3つのポイントを押さえたダイエットはあるのでしょうか?
それは『トレーニング』と『栄養摂取』を行うこと。やっぱり運動は必要なの?と思われるかもしれませんが、本当に正しいダイエットとは時代の流れに関係なく、常に変わらないものなのです。変わるのは、より便利なアイテムやサプリメントが出てくるくらいです。

 

間違ったダイエット方法を詳しく見る前に、まずは『正しいダイエット方法』をチェックしてみてください。詳しくは正しい知識で実践する本物のダイエットにまとめています。男性向けの記事になっていますが、ダイエットをしたい女性にも参考になるはずです。

 

では、ここからは間違ったダイエット方法を詳しく解説します。

 

1、食事の回数を減らすと太る?

 

昔から「しっかりと1日3食食べなさい!」とか、もしくは1日1食、1日2食にすると1食から吸収されるエネルギーが増えるなど、さらには1日4食など細切れで食事をすると痩せるなど、食事の回数に対して様々な意見が言われています。食事の回数を減らすと太ってしまうと考えている人は多いものです。

 

私は1日3食から2食に減らし、10キロ以上の大幅なダイエットを成功しています。もちろんあらゆる食品や習慣も同時に試していますが、食事の回数自体がダイエットに大きな影響を与えるとは考えにくいものです。

 

結局、1日にどれだけの量の食事をしたか、総量で考えなければなりません。1日3食でも全体で見ると量が少ない人もいれば、1日2食でも全体で見ると量が多い人もいます。あまり食事の回数を気にせず、食べる量、何を食べるかの方が重要です。

 

特に最近話題の8時間ダイエットでは、食事をするのは1日のうち8時間だけで、基本的には1日2食です。

 

16時間は胃腸を休めることができ、結果を出している人も多くいるダイエット方です。私も8時間ダイエットを継続し、10キロ以上の減量に成功、体型を維持しています。ダイエットの回数よりも、食べる量、何を食べるか、時間を重要視してみてください。

 

2、『カロリー』イコール太る?

 

これも多くの人が気にしているものです。スーパーやコンビニでは、すべてカロリー計算をして選んでいる人もいます。しかし、カロリー=太るということではありません。

 

糖質も脂質も同じカロリーですが、性質が全くことなります。基本的には糖質よりも脂質のほうがカロリーが高くなりますが、では脂質を取ると必ず太るのかと言うとそうではありません。

 

例えば美容やダイエットにも重宝されている「ココナッツオイル」や「亜麻仁油」は、むしろ脂肪の燃焼を促したり、ダイエットの味方になる油と言われています。

 

糖質に関してもパンケーキや砂糖、白米、などなど、脂質よりカロリーの低い糖質でも過剰に摂取すればエネルギーとして代謝されることなく、余った糖質が脂肪へと変わって太ってしまいます。同じカロリーでも太る食べ物もあれば、ダイエットに役立つ食べ物もあり、どんな種類のカロリーであるかが重要で、カロリーという指標だけでは計りきれません。

 

3、脂肪を食べると太る?

 

tousitu2

 

これも先ほどのカロリーのお話と同じですが、油イコール太るわけではありません。基本的に油・脂質の方がカロリーは高くなりますが、ダイエットや美容には積極的に活用した方がいいと言われている油もたくさんあるのです。

 

例えば私が毎日飲んでいる完全無欠コーヒーですが、ココナッツオイルやグラスフェッドバターがたくさん入っています。カロリーは高いですし、脂肪もたくさん入っています。

 

しかし、私はこのコーヒーを使って10キロ以上の減量に成功し、かつ引き締まった身体、エネルギッシュな身体を維持することができています。トランス脂肪酸のように、古い油やジャンクフードに含まれがちな避けたい油もあれば、ダイエットの味方になってくれるような上質な油もあるのです。

 

詳しくはダイエットの役立つオイルを参考にしてみてください。

 

ちなみに私のおすすめは「ココナッツオイル」「亜麻仁油」「オリーブオイル」です。私は炒め物などの料理の油をココナッツオイルに変えています。摂取する油の種類、脂肪の種類を変えるだけでも、身体の変化を感じます。脂肪=太るのではなく、どんな種類の脂肪なのかが大切です。

 

4、○○だけダイエットは危険?

 

テレビや雑誌でも度々「○○だけダイエット」のような方法が流行します。具体的な名前は書けませんが、皆さんこの種類のダイエットは聞いたことがあると思います。私は「特定の食品を過剰に摂取する」ようなダイエット方法はおすすめできません。

 

ダイエットでは、食べる食事の量や種類が少なくなりがちです。ダイエットでこそ、豊富な栄養素をバランスよく摂取することが求められるのです。

 

例えばビタミンB群には、糖質や脂質を代謝する役割があります。ミネラルは身体の機能を整えたり、代謝を促進したり、酵素には触媒として栄養素を活かす役割があります。タンパク質には身体を作る材料、代謝にも関わる筋肉を作る材料になります。このどれも、ダイエットでは欠かせない栄養素なのです。

 

しかし○○だけダイエットでは、バランスの良い栄養素を望めません。いくら栄養価の高い食品でも、必要な栄養素をすべてバランスよく摂取することはできないのです。そんな便利な食品があればいいですが・・・今はそんな食品はありませんよね。

 

ダイエットに効果的な食品を見つけると、それだけを食べたくなりますが、食べる量と食べる食品の種類に気をつけながら、効果的な食べ物を取り入れてください。ダイエットに必要な栄養素まとめで解説していますので、いま自分の身体に取り入れている栄養を一度見直してみてください。

 

5、糖質制限ダイエットは間違い?

 

実践者も多く話題になっている『糖質制限ダイエット』糖質制限は危険、糖質制限は間違い、という記事もよく目にしますが、糖質制限自体が間違っているのではなく、『間違った糖質制限ダイエットがある』ということです。

 

そもそもなぜ糖質を制限するかというと、基本的にご飯やパンで毎日糖質をたくさん摂取しており、その糖質が全てエネルギーとして使われず、余った糖質が脂肪になるためです。さらに血糖値の急激な上下が強烈な眠気を引き起こすと言われています。

 

私はケトジェニックダイエットのような糖質制限をしており、さらに大幅な減量と体重の維持に成功することができています。

 

では、なぜ糖質制限が間違いと言われるのでしょうか?糖質を制限すると、ふらつき、ぼーっとする、痩せない、という人もいるのは事実です。様々な理由が考えられますが、まず糖質は『ゼロにする必要はない』ということです。

 

そもそもドレッシングなどにも糖質は含まれているため、完全にゼロにはできません。まずはご飯やパンなどの糖質を『半分もしく3/1』くらいに減らしてみましょう。これくらい減らすだけでも身体の変化を十分に感じられるはずです。

 

そして糖質制限ダイエットがいつのまにか『食べないダイエット』になっている人もいます。身体や脳のエネルギー源は『糖質もしくは脂質』ですので、糖質も脂質も摂取しなければ、ボーッとしたり、ふらついたりするのは当然です。

 

ダイエットに大切な栄養素上質な脂質など、糖質は制限しつつもバランスの良い栄養摂取が大切なのです。

 

大手のトレーニングジムなどでも、食事の改善で糖質の制限は基本となっています。ダイエットにおいて、ある程度の糖質制限は基本です。そしてきちんと実践すれば成功者も多いダイエット方法です。正しい知識をもとに、あなたの身体の変化を感じながら実践してみてください。

 

6、運動だけで痩せる?

 

sports-diet

 

『食べても運動すれば良い・・・』そんな考え方の人は特に男性に多いかもしれません。運動すればカロリーも消費されますし、運動自体はダイエットにも有効です。

 

ただし、ダイエットで痩せるレベルの運動をしようとすれば、かなりハードな運動になります。まずきつい運動は続きませんし、思った以上に痩せずに諦める人も多いものです。ダイエットに運動を取り入れるのは大切ですが、運動で痩せようとするよりも、食事の見直しで痩せるほうがずっと簡単です。ダイエットの9割は食事と言っても過言ではありません。

 

実際に私もダイエット中は運動は簡単なウォーキング程度で、ほとんど食事の改善のみで行っています。それでも10キロ以上の減量に成功し、筋肉質な身体を維持することができています。

 

むしろ仕事柄まったく運動しない期間もたくさんあります。今までランニングやジムに通っても痩せずにダイエットが失敗した人は、一度運動ではなく、食事や飲み物を見直してみることがおすすめです。『食事がこれほど影響するのか』と痛感するほど、大きな影響を与えています。

 

7、食べない、気合いダイエットは危険?

 

特に男性に多いのが、気合いでほとんど食べずにダイエットをすること。確かに摂取カロリーを極端に減らせば、消費カロリーの方が大幅に大きくなりますので、劇的に痩せたり、短期間で結果を出すことは可能です。しかし、食べないダイエットでリバウンドもせず体系を維持できている話はあまり聞きません。

 

上記でも紹介しているように、ダイエットにも栄養はとっても大切です。むしろダイエット中にこそ、豊富な栄養をバランスよく摂取したいものです。痩せたものの、太りやすい体質になってリバウンドしたり、体調を壊したり、ストレスでやつれてしまったり、過剰な食欲が出てきたりと、持論と気合いだけで無理やりダイエットすることはおすすめできません。

 

ダイエットは正しい方法と正しい食品で行えば難しくありません。わざわざ辛い方法で失敗する必要はありませんよね。しっかりとダイエットの知識を身につけ、じぶんの身体の変化をしっかりと感じてください。正しいダイエットで美しく、かっこよく痩せなければ、する意味がありません。

 

これからダイエットを始める人は、まずは正しいダイエット方法を調べることから初めてください。例えば短期間で結果が出やすいダイエット方法などを参考にしてみてください。私も減量・ダイエットをするときはこの方法を用いて実践しています。

 

ダイエットの嘘・間違いまとめ

diet4

 

ダイエット方法には間違いや嘘がたくさんあります。ついつい魅力的な言葉につられて、危険なダイエットをしてしまうこともあります。ダイエット=辛い、というイメージがありますので、ついつい楽なダイエット、簡単なダイエットを求める気持ちがわかります。

 

でも、本当に優秀なダイエットは、比較的ストレスなく実践ができるものです。辛くて我慢するダイエットは続きませんし、結果的に痩せずに失敗します。正しい知識、正しい食品を使って行うダイエットこそ、王道の方法なのです。

 

忙しい日々を送っている人には、ダイエットの方法や知識を調べる時間もないかもしれません。栄養学など、ダイエットの知識はたくさんあり、調べるのも大変です。それでも、その方法が本当に正しいのか、判断するための知識は必要です。

 

正しい知識で行う正しいダイエットこそ、あなたを助けるダイエットです。せっかく実践するのであれば、なるべく楽して健康的に、そして美しく、かっこよく、着実に痩せられるダイエットを実践していものですよね。

 

そのダイエットが間違っているのか、嘘なのか、判断するための一番の基準は自分の身体の反応です。そのダイエットをして実際に痩せているか、ストレスを感じているか、健康状態はどのように変化したか、気持ちの面では変化はあったのか、結局はあなたの身体に合ったダイエットを選んでいくのが大切です。

 

そのために、自分の身体の反応に耳を傾ける習慣を身につけてください。ダイエットは世界中のあらゆる方法があふれていますので、その中から正しいダイエット方法だけでを選び抜くのは難しいものです。

 

実際に自分の体で実践してみて、正しいのか反応を見て判断してみてください。私のように糖質制限で結果が出やすい体質もあれば、糖質制限はあまり向かずに続かない人もいます。同じダイエットの方法・知識でも、人によって反応や結果は異なるのです。

 

一度正しいダイエットの知識を身につければ、一生の財産になります。健康的な引き締まった体を維持する知恵は、あなたを助けてくれます。最初は手間がかかりますが、理想的なダイエットを探してみてくださいね。