怠け者でも『モチベーション』は簡単に上げられる!

 

こんな人は必読。
①カッコいいカラダを手に入れたい。
②なるべく楽して簡単にマッチョになりたい。
③筋トレのモチベーションが下がっている。最近やる気が出ない。

 

筋トレをしているとある壁にぶつかります。
それが「モチベーション・やる気の低下」ですよね。どうしてもやる気が出ないような日がありますし、ひどい場合はいつまでたっても筋トレをする気分になりません。せっかく始めた筋トレも途中で諦めてしまうことも少なくないのです。

筋トレを継続して自分史上最高のカラダを実現するためには『モチベーションの維持』が必須。いかにやる気をコントロールできるかで、筋トレの成果は大きく変わるのです。反対にモチベーションのコントロールさえできれば筋トレは成功したようなもの。継続さえできればかなりの結果を出すことができます。

 

今回は「筋トレのやる気が低下している人」「最近は筋トレができていない人」「筋トレの目的を見失っている人」にフォーカスして、筋トレのやる気を上げるオススメの方法をシェアします。やる気が出ないのは、あなたが怠け者だからではありません。上げる方法さえ知っていれば、モチベーションのコントロールがグッと簡単になりますよ。では、さっそく具体的な方法をみていきましょう。

 

1、『筋トレ本』を読む。

 

筋トレの成果を何倍にもしてくれるのが読書。
そして筋トレの目的を思い出させてくれる。

 

筋トレのモチベーションを上げるために読書はオススメ。
特に『筋トレ本』を読むと良いですね。わたしもやる気が著しく低下した時期がありました。ジムに行く気もしなかったため筋トレ本を読むことに。すると『いかに今での筋トレが間違っていたのか』に気付かされたのです。それから筋トレのやり方を変えて実践してみたところ、みるみる筋肉が付いていったのです。自分のカラダがどんどん変化していけば、自然とやる気になりますよね。筋トレのやる気ができない時は、筋トレ関係の本を読んでみてください。あらゆる発見があるはずです。

もう1つオススメの理由は『筋トレで得られるものを再確認できること』です。例えば筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法はやる気MAXにさせてくれます。筋トレをするとどんな素敵な未来が待っているのか、わかりやすく書かれています。他にも『最速でマッチョ』になるためのオススメ本まとめも合わせてご覧ください。

モチベーションが下がったら読書。

 

2、やる気が上がる『映画』を観る。

 

一本観終わる頃にはジムへ駆け出している。

 

筋トレでモチベーションが下がった時に多くの人が実践しているのが『映画』を観るという方法。今はレンタルビデオ店に借りに行くことなく、ネット環境さえあれば世界中の映画を観ることができますよね。わたしもHuluというサービスに登録して、筋トレのモチベーションが下がったら映画を観ています。

特に筋トレのやる気を上げるためにオススメの映画は『ファイトクラブ』『スーツ(海外ドラマ)』『ボーンシリーズ(マットデーモン主演)』『ホワイトカラー(海外ドラマ)』『ワイルドスピード』など。どれも最高にかっこいいカラダをしている男が活躍する映画です。「こんなカラダになりたいな・・・」と素直にモチベーションを上げてくれます。映画は筋トレのモチベーションを上げるだけでなく、人生の勉強もさせてくれます。映画から学ぶことはたくさんありますよね。ぜひたくさんの映画を観て、やる気をどんどん上げてくださいね。

 



 

3、『サプリメント』を飲む。

 

ちょっとの工夫でカラダは大きく変わる。

 

普段はどのようなサプリを飲んでいますか?
「プロテイン」「マルチビタミン」「フィッシュオイル」など、より効率的に筋肉をつけるためにあらゆる工夫をしていると思います。多くの人がやる気を落としてしまう状態というのが『筋肉が成長していない時』です。頑張って筋トレをしても、なかなか理想のカラダにならない時にモチベーションが低下してしまいます。そんな時にいつもとは『違うサプリ』を試してみるのは1つの良い手段。

わたしもプロテインはもちろんベーシックなサプリは飲んでいましたが、なかなか理想のカラダが実現できずに悩んでいた時期がありました。そんな時に出会ったのがキレマッスルというサプリメント。わたしにとってこのサプリメントは相当合っていたようで、今までとは比べ物にならないスピードで筋肉を成長させることができました。どんどん理想のカラダに近づいたため、当然やる気もMAXに。カラダが変わっていくのが楽しくて仕方がない状態ですね。筋トレの結果が出ていない人ほどオススメの方法です。

 



 

4、筋トレの『目的』を再確認してみる。

 

そもぞも『なぜ』筋トレをしているのか。

 

筋トレのやる気が低下している多くの人が、筋トレの目的を忘れてしまっています。例えば「もっと女性にモテたい」「もっと健康なカラダを手に入れたい」「尊敬されたい」「仕事の成果を上げたい」「どんな服でもオシャレに着こなしたい」などなど、どんな目的でも正解です。

筋トレのモチベーションが下がっている時は、筋トレを始めた目的を紙に書き出してみてください。そしてその目的を達成した時に『どんな気持ちになるか』を感じてみてください。例えば「好きな女性とデートする」という目的の場合、「ワクワクする」「ドキドキする」「楽しい」「幸せ」など、その時に感じる気持ちを感じてみるのです。目的がいくつかあれば、それぞれ達成した時の気持ちを1つ1つ感じてください。

これを『スマホのメモ』に書いておくと便利。やる気が下がった時に、いつでも読み返すことができます。これは仕事だけでなく、目標を達成するために使う有名な方法です。わたしもやる気が下がった時は必ず実践していますが、やる気がどんどん回復してくるのを感じます。筋トレ以外にもビジネスにも活用してみてください。

 

5、筋トレの『イメージ』を変えてみる。

 

「筋トレ」=「きつい・辛い」を変えてみる。

 

筋トレは大きな負荷をかけて、限界を超えることです。限界を超えることで筋肉が壊れ、修復する際に筋肉が成長して大きくなります。そのため筋トレは当然「きつい」ものですよね。筋トレのやる気がなくなって辞めてしまった人に話を聞くと「きつくて辞めた」という意見は非常に多いのです。

先ほどの「目標を再確認する作業」を行ったあとで、筋トレのイメージを変えてみましょう。例えば「筋トレをすればするほど、モテるかっこいいカラダになる」「筋トレをすればするほど、もっと仕事をこなせるカラダになる」「筋トレをすればするほど、男としての自信がつく」など、筋トレに対してポジティブなイメージを持つようにするのです。するとやる気が出なくても、筋トレをきつく感じても、やればやるほど自分が求める理想の未来に近くことを実感できます。自然とやる気も上がるのです。

 

この方法はやる気を上げること以外にも、筋トレのワーク回数の限界を越えるときにも使えます。例えばバーベルを上げているとき、9回目で限界を感じたとします。ここで辞めてしまうのか、もう一回上げるのかで、筋トレの成果は大きく変わるのです。そこで「あと一回あげればもっとかっこいいカラダになれる」と自分に言い聞かせます。するともう一回上げるだけの力が出てくるのです。つまり筋トレを『ただきついもの』として捉えるのではなく、その先にある素敵な未来をイメージし、やればやるほどその未来に近くことを常に意識してください。筋トレをする目的が常に明確であれば、モチベーションを高く保つことができます。

 

6、象を食べるには一口ずつ。

 

理想を実現するには一歩ずつ。

 

アフリカの格言に『象を食べるには一口ずつ』というものがあります。象(大きな理想)を食べる(実現する)には一口(一歩)ずつという意味ですね。理想のカラダを実現するために筋トレを始める人がほとんど。例えばファイトクラブのブラット・ピッドのようなカラダになりたくて始めるのです。でも実際に筋トレをはじめてみると、理想のカラダを実現するためにはいかにたくさんの努力が必要なのか痛感させられます。あんなかっこいいカラダ、簡単には実現できませんよね。理想のカラダを実現する前に諦めてしまう人が多いのです。これは本当にもったいないこと。

筋トレは、正しい方法で継続さえできれば、誰でもある程度のかっこいいカラダを作ることはできます。例えば女性から『かっこいい』と言われる程度のカラダ。ただし実現するまでには、どうしても時間がかかります。3ヶ月程度である程度のカラダを実現できる人もいれば、2年くらいかかる人もいます。この時間がかかることで『モチベーションが下がる人』が多いのですね。

 

思い出してほしいのが『そのトレーニングは着実に理想に近づいている』ということ。あなたの努力は決して無駄にはなりません。継続していけば、見違えるほどの成長を感じる時がきます。これは筋トレだけに限りません。例えば起業して新しいビジネスを始めた場合でも、どれだけ努力しても結果が出ない場合があります。それでも継続していると『ブレイクポイント』が訪れるのです。そのことを頭に入れていると、やる気がなくなった自分に自信を持たせてくれます。

 

7、『朝の時間』に筋トレをする。

 

デキる人ほど朝にトレーニングをしている。

 

朝の時間をどれだけ有効に使えるかで、人生で成し遂げられることが大きく変わります。筋トレをしている多くの人がサラリーマンです。そのため仕事が終わって夜にトレーニングをしている人も多いですよね。1日の仕事が終わって夜になると、心もカラダも疲れてしまっています。その状態ではどうしても『筋トレ行こう!』という気持ちにならないのです。そして「今日も筋トレにいけなかった・・・」というネガティブな気持ちになり、いつの間にか筋トレを辞めてしまうのです。

オススメの時間帯は『朝』です。例えば朝5時に起きて朝食を摂り、それから1時間ほど読書など未来の投資に時間を使います。食後1時間半〜2時間が筋トレに最適な時間と言われていますので、6時半もしくは7時頃にトレーニングをします。この時間帯であれば、心もカラダも疲れていない状態です。大きな抵抗もなくトレーニングに取り組めるでしょう。

今は夜のトレーニングをしていて、その時間帯がカラダに合っている場合は問題ありません。もし夜のトレーニングに抵抗を感じているのであれば、試しに朝のトレーニングに変えてみてください。1日の活力も手に入りますし、清々しい気持ちで取り組めますよ。一度経験するとやみつきになるほど気持ち良いのです。

 

8、意思決定の回数を徹底的に減らす。(習慣化)

 

徹底的な『習慣化』で楽に継続する。

 

なるべく楽して筋トレを継続するにはどうすれば良いのか。それは「徹底的に習慣化」してしまうことです。私たちは1日で多くの意思決定をしています。例えばどこでランチを食べるのか、今日はジムに行くのか、ということも全て意思決定です。これが多ければ多いほど、頭は疲れ、集中力は低下してしまいます。毎日ジムに行くのか迷うであれば、当然やる気も下がってしまいますよね。

オススメの方法は、筋トレの時間も含めて日常を徹底的に習慣化してしまうことです。例えば大リーグのイチロー選手は、食べるものまであらゆることを習慣化していますよね。これは野球以外の意思決定で頭を消費することを抑え、試合で最高の集中力・パフォーマスを発揮するため。筋トレを含めて、日常のあらゆることを習慣化してみてください。

 

習慣化すると仕事への集中度が変わります。仕事にかかる時間が少なくなれば、その時間を使ってさらに自分の能力を高めることに時間を使えます。するとますます質の高い仕事をこなすことができます。これがデキる人が使っている習慣化です。忙しい時間でも筋トレをして最高のカラダを維持している人は、時間の使い方や習慣化がとっても上手ですよね。詳しくは自分を操る超集中力[メンタリストDaiGo]を参考にしてみてください。

 

9、とりあえず5分だけトレーニングをしてみる。

 

やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気が出る。

 

もし「今日は筋トレする気にならないな・・・」と思ったら、とりあえず無理にでも筋トレをはじめてみてください。自宅でトレーニングしている人は、とりあえず腕立て伏せをしてみる。ジムでトレーニングしている人は、とりあえずジムに行ってみる。やる気がない状態でも、5分程度の筋トレを始めれば自然とやる気が出てきます。テストステロンというホルモンが分泌された影響もあるでしょう。そして「せっかく筋トレ始めたのだから、無駄にならないように最後までやるか・・・」という気持ちに変わるのです。

カッコいいカラダの実現もそうですが、何かを成し遂げる人は例外なく「機動力」があります。もともとやる気があるからどんどん行動するのではなく、やる気がなくとも「とりあえずやるか」という気持ちで動いているからこそ、やる気もどんどん上がっていくのです。「筋トレしようかな・・・」と迷っている暇があったら、とりあえず鍛えてみましょう。そして筋トレが終わった頃には「やってよかった」と清々しい気持ちになっているはずです。

 

10、ゆっくり休んで旅行にでも出かけてみる。

 

『五感を刺激してリフレッシュする』

 

それでも筋トレのやる気が出ない場合は、思い切って旅に出るのもオススメ。週末だけでも色々な場所に出かけることができますよね。疲れた時の旅行先としてオススメなのは『海外』です。例えばタイ・ベトナム・フィリピンなどの東南アジアなどであれば、比較的短い日数でも気軽に行けますよね。

わたしも半年に1回程度は海外へ行きます。全ての状況が異なる海外に行くと、フレッシュな刺激をたくさん受けることができます。ビジネスのアイデアもたくさん出てきますし、自分の人生の新しい目標が見つかったりもします。新しい仲間と出会うこともあります。特に『筋肉』は世界共通ですので、海外の美女を見て「いつかこんな美女と付き合えるカラダになる」という目標を立てても良いですね。実際にマッチョな人は世界共通でモテます。

 

もし時間があるのであれば、フィリピンの『パラワン島』に行ってみてください。世界でもっとも美しい島と言われるほど、絶景が広がっています。温暖な気候のなかで、思いっきりリフレッシュすることができます。さらに世界中から人が訪れますので、海外の美女もたくさんいますよ。またカッコいいカラダをした男性もたくさんいます。色々な意味で刺激を受けられるオススメのスポットです。TripAdvisor (トリップアドバイザー)などのサービスを使って、なるべく安くホテルや航空券をゲットしてみてください。直感で行く国を決めても面白いですよ。

 



 

※番外編 『Instagram』を上手に使う。

 

『Instagram』はやる気を上げる便利なツール。

 

筋トレのモチベーションを上げるためには『Instagram』を上手に使いましょう。まず筋トレ専用のアカウントを作成します。そして「#筋トレ」で検索すればかっこいい筋肉を身につけている人の画像がたくさん出てきます。「俺もこんなカラダになりたい」とやる気も上がるもの。また「#筋トレ女子」などで検索すれば、筋トレをしている美しい女性の画像がたくさん出てきます。「こんな女性と付き合いたい」というモチベーションにするのも1つの方法です。

他にも筋トレの方法やサプリメントなどの情報取集としても便利に活用できますし、世界中に仲間がいることを知ると安心できますよね。さっそく筋トレ専用のアカウントで気になる人をフォローしてみてください。

 

筋トレの『モチベーション』を上げる方法まとめ。

 

筋トレの『やる気』を上げる方法まとめ。
①『筋トレ本』を読む。
②やる気が上がる『映画』を観る。
③『サプリメント』を飲む。
④筋トレの『目的』を再確認してみる。
⑤筋トレの『イメージ』を変えてみる。
⑥象を食べるには一口ずつ。
⑦『朝の時間』に筋トレをする。
⑧意思決定の回数を徹底的に減らす。
⑨とりあえず5分だけ筋トレしてみる。
⑩ゆっくり休んで旅行にでも出かけてみる。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は筋トレの『やる気・モチベーション』を上げるためのオススメ方法をシェアしました。筋トレは正しい方法で『継続』さえしていれば、ある程度かっこいいカラダを簡単に手に入れられるものです。ただし結果が出るまでには少し時間がかかりますので、その前に諦めてしまう人が多いのです。そのため『継続するのが上手な人』は確実に結果を出していきますし、継続が苦手な人はカラダを変えることができません。

そして継続するために必要なことが『モチベーションの維持』です。やる気がなくなってしまうと「俺は怠け者ではないか?」と不安になってしまいますが、決してそのようなことはありません。誰だってやる気が無くなる時はあります。差がつくのは、やる気がなくなった時に『どのような行動をとるか』ということ。ちょっとした工夫をするだけでも、やる気はどんどん上がっていくものなのです。

 

今回のご紹介したやる気を上げる方法は、筋トレ以外にも応用できます。ビジネスにも継続は必須ですので、何かビジネスを始めた人も応用で使ってみてください。他にも何か新しいスキルを身につける場合にも使える方法です。どんなことでも『継続』はもっとも大切な要素なのです。継続できる方法をマスターして、人生であらゆることを成し遂げられる人になってください。

最後までお読みいただいてありがとうございます。
あなたの筋トレが成功し、自分史上最高のカラダを手に入れることを願っています。